不動産業者のための動画×LINEマーケティング
STEP01

STEP01 物件情報動画入口戦略

STEP01 物件情報動画入口戦略

どうやって自社のホームページに来てもらうか。

ステップ2で解説するブランディング(差別化)戦略も、ステップ3で解説するライン友だち登録からの顧客育成戦略も、まず自社のホームページを見てもらわけくては何も始まりません。

予算があれば広告が一番手っ取り早いのですが、長く続けるにはお金のかからない方法も重要です。

自社のお客様となりうる人たちが、いまスマホで何を見ているかはデータで明らかです。

ユーチューブやティックトック。

いまスマホで時間つぶしや検索に動画が見られている。

そこで比較的短時間で作れる物件情報動画を数多く作成し、各動画プラットフォームに投稿して自社ホームページへの入口を増やします。

一つ動画を作ればそれを5つのSNSに投稿することができる。

10個動画を作れば×5SNSで50の入口が作れる計算です。

物件情報動画といっても作成には必須の重要ポイントがあります。

あなたは「ザイオンス効果」というマーケティング用語をご存知でしょうか。

ザイオンス効果とは、同じ物・人物を繰り返し目にしたりすることでだんだんと親近感や好感度が高まるという効果。

この効果を狙うため、物件情報動画の最後の数秒は毎回必ず同じ映像にすることがこの入口戦略の肝と言えます。

「あーこの会社」、「あーこの人」というように。

作成した物件情報動画の投稿は以下の優先順序で行います。

ユーチューブ → ティックトック → インスタグラム → ツイッター フェイスブック

ユーチューブとティックトックは必須投稿先。

インスタグラム以下は余裕があれば行うとよいでしょう。

10個の動画があれば、まずユーチューブとティックトックに投稿し、余裕があれば他の3つのSNSにも投稿する。

では、動画マニュアルのメニューを詳細に解説していきましょう。

第1章 YouTube

1.コンセプトの作成

YouTubeチャンネルのタイトルやトップ画の写真等、どのようなイメージのチャンネルにするかコンセプトが必要になります。

2.トップ画像の準備

無料オンライン画像作成ソフト「CANVA」を使いトップ画像を作成します。

3.YouTubeチャンネルの開設

グーグルアカウントがあればすぐにYouTubeチャンネルが作成できます。コンセプトを基にチャンネルを開設し初期設定をします。

4.動画の投稿

動画の投稿には動画だけではなく、文章と画像も必要です。文章はタイトルと説明文。画像とはサムネイル画像です。その文章と画像を用意してはじめて動画の投稿が可能となります。

第2章 TikTok

1.アカウントの取得

メールアドレスがあればだれでもアカウントを作成できます。

2.プロフィールの作成

アカウントを作成したらまずはプロフィールを完成させます。自己紹介文とプロフィールアイコン用画像が必要です。

3.動画の投稿

TikTokでの動画の投稿はYouTubeより簡単です。キャプションと呼ばれるタイトルのみ用意すればすぐに投稿が可能です。サムネイル画像はアップロードすることはできず、表示されたものから選択することになります。

第3章 Instagram

1.アカウントの取得

メールアドレスがあればだれでもアカウントを作成できます。

2.プロフィールの作成

アカウントを作成したらまずはプロフィールを完成させます。自己紹介文とプロフィールアイコン用画像が必要です。

3.動画の投稿

インスタグラムは本来写真を投稿するSNSですので、動画の投稿は「リール」という専用のスペースがあります。キャプション(タイトル)、位置情報等が投稿時に入力できます。

第4章 Twitter

1.アカウントの取得

メールアドレスがあればだれでもアカウントを作成できます。

2.プロフィールの作成

アカウントを作成したらまずはプロフィールを完成させます。自己紹介文とプロフィールアイコン用画像が必要です。またTwitterはヘッダー画像をカスタマイズできるので、YouTubeチャンネルを開設した時と同様に「CANVA」を使いヘッダー画像を作成します。

3.動画の投稿

動画の投稿はTwitterが一番簡単です。動画を選択してツイートするだけです。物件の最寄り駅、間取り等最小限の物件概要と一緒にツイートします。

第5章 Facebook

1.コンセプトの作成

Facebookの場合、個人のアカウントからではなくFacebookページを開設してそこから動画を投稿します。まず新たに個人のアカウントを作成します。どのようなFacebookページを開設するかコンセプトを考えます。

2.トップ画像の準備

コンセプトに沿ったFacebookページ用のトップ画像(カバー写真)とプロフィール写真をCANVAで作成します。

3.Facebookページの開設

コンセプトに沿ってFacebookページを開設します。

4.動画の投稿

動画の投稿は動画を選択してタイトルを入力するだけで簡単に投稿できます。


ステップ1は動画を投稿する場所(プラットフォーム)について解説し、動画を投稿する前準備として各プラットフォームのアカウントの取得を行いました。

ステップ2では実際の動画作成の手順を解説していきます。

ABOUT ME
永塚 英男
現役不動産業者プログラマーとして20年以上不動産業におけるパソコン活用のコンサルをしています。